【人気の資産運用を比較】不労所得を稼ぐためにオススメな方法とは

【人気の資産運用を比較】 不労所得を稼ぐためにオススメな方法とは

株、定期預金、不動産投資…などといった資産運用。

さまざまな種類がありますが一体どれが最適なのでしょうか?

それは人によって異なります。

資産運用にはそれぞれメリット・デメリットがあり、誰にでもオススメな資産運用というものはないのです。

そこで今回は、一般会社員に人気の資産運用を『不労所得を稼ぐため』という観点で比較して紹介していきたいと思います。

低予算で資産運用を始めたいという方はこちらの記事がオススメです。

株式投資

メリット

  • 短期で利益が出せる
  • 柔軟な運用ができる

デメリット

  • 価格変動のリスクが高い
  • 難易度が高い
  • 平日の日中しか取引ができない

資産運用でまず最初に候補としてあげられることが多い株式投資。

スマホアプリでの取引が可能になったり、NISAの導入により自己資金が少ない方でも利益を出しやすくなったりなどもあり、昔よりも敷居が低くなったことで投資家以外にも使用されることが多くなってきております。

短期で利益が出せる

株の売買で利益を出すのが主な収益源ですが、取引時間中は常に価格が変動しているため、比較的早くに利益を出すことができます。

資金が多ければ多いほど利益も大きくなるので、資金と運用にあてられる時間がある方にオススメの資産運用です。

柔軟な運用ができる

株式投資のメリットは、短期で大きな利益を出したり、長期で配当や優待を貰ったりなどのように柔軟な運用が行える点。

売買や配当などで収益を出す性質上、自己資金が少ないと利益があまり出ませんが、少ない資金でも大きな取引ができる信用取引を行えば自己資金が少なくても大きな利益を出すことができます。

また、大きな自己資産があれば、株主優待で有名な桐谷さんのように仕事をしなくても配当金や優待のみで暮らすことも可能です。

もちろん、少額からでも買えるものもありますので、高利回りの優待などを目当てに主婦や学生が始める例も最近は増えてきました。

株主優待情報を見るなら「投資メディアZAI」がオススメ

株主優待による収益を得たい方にオススメなのが「投資メディアZAI」。

ZAIでは雑誌とネットで非常にさまざまな最新の投資情報を紹介しています。

そして、その中でも特に人気が高い連載が、優待の桐谷さんが優待利回りの高いオススメの株を紹介する「桐谷さんの優待銘柄」。

実際に桐谷さんが今注目している株を知れるので、株初心者はもちろん投資家歴の長い上級者の方にも人気となっております。

株以外にも有益な情報を多く知れるので、情勢の影響が大きく関係する短期~中期型の投資を行う場合はぜひとも読んでおきたいメディアでしょう。

下記で2020年にオススメな人気の株主優待がランキング形式で紹介されておりますので、気になる方はご覧ください。

株主優待人気ランキング[2020年]|ザイ・オンライン https://kabunushiyutai.diamond.jp/category/kabunushiyutai-ranking

価格変動のリスクが高い

短期で大きな利益が出せる反面、逆に損をする危険もあります。

特に少ない資金で大きな取引ができる信用取引を行うと、失敗した時の損失も膨れ上がるので初心者にはあまりオススメしません。

また、信用取引には金利もあるので、長期保有も難しくなる点にも注意が必要です。

難易度が高い

敷居が低くなったとはいえ運用のために必要な知識も多く、取引のためにやらなくてはいけないことも多いので、不労という点は見たしにくいです。

自己資金が多ければ取引をしないで配当や優待だけでも収益があげられるので不労所得になりますが、多くても年利3~5%ていどで元本保証もないので、普通の方ですとその方法ではあまり収益を出しにくいでしょう。

平日の日中しか取引ができない

土日祝日を除く平日の9:00~15:00(11:00-~12:30を除く)しか取引を行えないので、仕事をしながらだと運用が難しいのが難点です。(取引の売買予約は取引時間外でも可能)

定期預金

メリット

  • リスクがない

デメリット

  • 利益が非常に少ない

リスクがない

定期預金は基本的に元本保証なのでリスクはありません。

そのため、非常に金利が高かった高度経済成長の時には、定期預金にしていればリスク0で利息がたくさん付いたため、多くの方が利用しておりました。

利益が非常に少ない

現在では金利政策導入などの影響もあり超低金利時代が続いているため、定期預金の金利は平均0.01%ほどとなっています。

金利の%だけですと実感がわきにくいかと思いますので、楽天銀行を例にして定期預金を行った場合のシミレーションを行ってみましょう。

例)楽天銀行の5年定期に100万円預けた場合

  • 金利:0.02%
  • 預金期間:5年
  • 預金額:100万円

利息:797円

つまり、仮に1億円預けたとしても8万円にも満たないということです。

このような点から、定期預金での収益はほとんど期待できません。

そのため定期預金は資産運用というより、現金を貯金していることで貰えるおまけという認識を持っておいた方が良いでしょう。

確定拠出年金

メリット

  • 老後の年金対策に最適

デメリット

  • 老後まではマイナス

老後の年金対策に最適

確定拠出年金には個人型と企業型があり、企業型のほうはすでに始めている人も多いと思います。

確定拠出年金の魅力は、掛金・運用益は非課税で受取は税軽減されるので効率よく老後の資金を準備できる商品だということ。

掛金の拠出額は決まっていますが、給付額は運用結果によって変わるので確定していません。基本的には途中で崩す事なども出来ませんが、比較的リスクも少なめなので、確定拠出年金は老後の年金対策への非常に有効な資産運用です。

老後まではむしろマイナス

確定拠出年金の欠点は出金が原則60歳以上ということ。

つまり、それまでの間は管理費だけがかかってしまうため、自由に使える自己資金が減少してしまいます。

老後資金を貯める為には良いですが、それまでの間はむしろ日々の生活が苦しくなってしまう点がデメリットです。

不動産投資

メリット

  • 何もしなくて良い
  • 運用コストが低い
  • 安全性が高い

デメリット

  • 利益が出るまでに時間がかかる

仕事をしながらでも資産運用ができる

管理業務をすべて丸投げ「自動資産形成システム」

不動産投資の魅力は、運用上の管理業務などを全て管理業者に委託する事ができるため、自分で行うことがほとんどないことです。

つまり、仕事や日々の生活リズムを崩さず取り入れられる不動産投資は、不労所得という面では最適な商品でしょう。

初期費用や運用コストが低い

融資が受けられるので「初期費用が少なくてもOK」

不動産投資の大きな特徴は、個人であっても金融機関から融資を受けやすい点です。

そのため、自己資金があまりない方でも大きな金額の資産運用を行うことができます。

また、購入する不動産のローンや管理委託費用などを入居者から家賃収入で支払うことができるので、他の投資方法に比べて運用に必要な自己資金を大幅に抑えることができます。

特に都心のワンルームマンションは、マンションやアパートを一棟まるまる購入するよりも初期費用や運用コストが低く、入居率も高いため収益が安定していることから初心者にオススメの運用商品となっております。

安全性が高い

不動産は情勢による価格変動の影響が少ないので、運用するにあたって経済状況を確認しなければいけない作業を減らすことができます。

特に需要の高い都心の土地にある人気の高い物件は価値が下がりにくく、場合によっては購入時よりも価値が上昇するケースもあります。

逆に人気のない物件は価格が安く購入費用が抑えられるので、単純な利回りは高いという特徴があります。

しかし、価値が下がりやすいだけでなく、家賃収入が途絶えやすいため購入時には需要の確認が最も重要と言ってよいでしょう。

また、人気の物件は入居率が高いだけでなく、家賃保証制度も受けることができます。この制度を利用することで仮に入居者が途切れてしまっても、収益が完全になくなってしまう心配がありません。

利益が出るまでに時間がかかる

家賃収入でローンや管理委託費用を払う性質上、実際に収益が出るまでに時間がかかってしまうので、短期で利益を出すのは難しい運用方法となります。

そのため不動産投資は、長期的に安全で安定した不労所得を稼ぐという目的に有効な資産運用です。

ただし、悪徳な不動産会社に騙されると大きな負債を抱えてしまう恐れもあるため、パートナーとなる会社選びは念入りに行うことを推奨します。

投資信託

メリット

  • 運用をすべて任せられる
  • 短期で利益が出せる

デメリット

  • 手数料が高い
  • 初期費用が必要
  • 知識がないことを良いことに騙されることがある

運用をすべて任せられる

投資信託は、自己資金をファンドマネージャー(投資信託を行う専門家)に預けて、資産運用をすべて任せる運用方法です。

「投資信託(ファンド)」とは、一言でいえば「投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券などに投資・運用する商品で、その運用成果が投資家それぞれの投資額に応じて分配される仕組みの金融商品」です。「集めた資金をどのような対象に投資するか」は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

投資信託の運用成績は市場環境などによって変動します。投資信託の購入後に、投資信託の運用がうまくいって利益が得られることもあれば、運用がうまくいかず投資した額を下回って、損をすることもあります。このように、投資信託の運用によって生じた損益は、それぞれの投資額に応じてすべて投資家に帰属します。

引用元:そもそも投資信託とは? – 投資信託協会

上述した株式投資のデメリットである平日の日中しか取引ができないというデメリットも解消されるので、資金はあるが仕事が忙しくて取引が行えないという方に人気の資産運用となっております。

また、投資のプロに運用を任せられるので知識がなくても投資が行えるため、主婦や定年退職した年配者にもよく利用されております。

短期で利益が出せる

投資信託の商品にもさまざまな種類があるので全てに該当するわけではありませんが、

仮に投資信託で株式投資などの短期投資を行えば、短い期間で収益を出すことができます。

手数料が高い

販売・運用・管理の3つの業務に対してそれぞれ手数料が発生します。特に管理費用は投資信託を保有している間は永遠に支払うことになるため、長期的に運用すると大きな費用がかかることになるでしょう。

初期費用が必要

手数料で利益が下がってしまうぶん、通常の運用よりも大きな自己資金がないと利益があまり出ません。もちろん、少ない金額から積み立てていくことも可能ですが、そのぶん手数料も長く払い続けることになってしまいますので注意が必要です。

知識がないことを良いことに騙されることがある

投資信託会社は売買手数料をたくさん得るために、年配者などの知識はないが資金を持っている人に対して、必要以上の取引を進めることがあります。

その背景にあるのが販売ノルマの存在。

儲かる見込みが低い人気のない投資商品であったとしても、一定量購入させねばいけないというノルマがファンドマネージャー(投資信託を行う専門家)に課せられることがあるのです。

もちろんいくら営業をかけたところで、知識のある方には購入を拒みまれてしまいます。

そうなるとノルマを達成するため、知識がない人に儲かる保証がなくても進めざる負えなくなってしまうのです。

もちろんすべての投資信託会社がそうというわけではありませんが、運用を任せられるからと言って何も知識がないまま始めるのはリスクが高いです。

投資信託の危険について紹介している外部メディア

投資信託と言っても細かく説明すると非常に広い範囲の知識が必要となるため、始める前の初心者がすべてを把握するのはなかなか難しいです。

そこで、投資信託のシステムの概要や危険などを紹介している記事や動画をご紹介いたしますので、これから投資信託を始めたい方はぜひとも参考にしてみてください。

参考:元銀行員が解説!銀行の投資信託の販売ノルマについて! | お金の窓口
https://okane-madoguchi.com/tousisintaku-norma/

不労所得を稼ぐための資産運用比較まとめ

  • 株式投資
    短期で効果が出て、柔軟な運用ができるが、仕事をしながらだと難しい
  • 定期預金
    リスクはないが、収益もほとんどない
  • 確定拠出年金
    老後の年金対策に効果的だが、老後まではマイナス
  • 不動産投資
    不労所得効果は高く、運用コストが低いが、利益が出るまで時間がかかる
  • 投資信託
    不労所得効果は高く、短期で効果が出るが、運用コストが高い

不労所得を稼ぐのにオススメな資産運用は目的によって変わります

無料相談であなたの不安を解決いたします

自分では何もせずにお金を稼ぐ不労所得を得るための資産運用の種類はさまざまです。ですが、目的がしっかりとしていれば選択もしやすくなります。

自己資金を用意して短期で利益を出したい方は投資信託がオススメ。
自己資金を用意して老後の貯蓄を安全に行いたい方は確定拠出年金がオススメ。

そして、自己資金を少なく長期的に安全に資産運用したい方は不動産投資がオススメです。

今回は不労所得を得るという観点で資産運用を比較いたしましたが、目的によって最適な資産運用は変わります。

不労所得は楽をして稼ぎたいという方はもちろん、投資家の方にもオススメの収益手段です

不労で所得を得られるということは、そのぶん他の運用方法に時間や資金をつぎ込めることに繋がるため、より大きな収益を得ることができます。

中には資産運用をどれかひとつに決めたがる方もいらっしゃいますが、運用方法をひとつに絞る必要はありません。

さまざまな運用方法に分散投資することでリスクを減らすことができ、より安全性を高く効率的な運用ができるでしょう。

しかし、自分にとって最適な運用方法が何か判断するのが難しい方も多くいらっしゃいます。

そこで弊社では無料にてメール・電話・対面での個別相談を行っておりますので、不安な方は何でもお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

プライバシーマーク

株式会社ネクストインテリジェンスは個人情報の取扱いを適切に行っている企業として、日本情報処理開発協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」を取得しています。