【融資が下りない方必見】審査を通りやすくするために必要なポイントとは

【融資が下りない方必見】審査を通りやすくするために必要なポイントとは

マンション経営を行うにあたり多くの人がローンを利用すると思います。しかし、ローンを利用するには審査があるため全員が全員通る訳ではありません。

近年では銀行の不正融資や、データ改ざん等の問題により銀行の融資に対する姿勢は更に厳しくなってきています。

では、「どんな人が審査に通るのか?」「そもそも審査の基準はなんなのか?」「審査を通りやすくするためのポイントは?」という部分について見ていきたいと思います。

審査で見られる2つのポイント

審査内容をメモする男性

まず、これなら審査に通るというような絶対的な条件はありません。基本的には、「個人の信用情報」と「物件の情報」の2点で審査は行われるので、ある程度の理解はしておいた方が良いと思います。

個人の信用情報

個人の信用情報では、申込者の返済能力や社会的信用力といった部分を、CICやJICC、全国銀行個人信用情報センターというところの情報をもとに見られます。過去に滞納や遅延等があると、審査する上で不利な状態になってしまいます。

それから、申込者の属性(年収、勤続年数、会社規模や業種、今後の成長性)という部分も併せて見られます。

基本的には、年収500万円以上というのを基準として設けている銀行が多いですが、銀行によっては400万円以上や300万円以上でも受付してくれる銀行もあるので、年収500万円に満たない人は探してみるといいでしょう。

個人の信用情報については、今すぐどうこう出来るようなものではありませんので、マンション経営をするのであれば、ある程度計画を立てて社会的信用をつくっておく必要があると言えます。

物件の情報

物件の情報では、購入しようとしている物件の将来性や担保力といった部分を見られます。どんなに社会的信用があり安定した収入がある人でも、銀行から見て物件が良くないと審査に通る可能性は低くなってしまいます

購入しようとしている物件が将来的に収益を上げ続けていけるかというのを、立地や修繕計画等、様々な情報をもとに審査されます。

また最終的に返済が滞った時に、担保としている物件の価値がどのくらいあるのかというのも非常に重要になるので、物件選びというのは、審査をする上でもとても大事なポイントになります。

審査を通りやすくするための方法

基本的に上記2点で審査は行われるため、審査を通りやすくするために今すぐどうにか出来るものではありません。ある程度の計画をもってやっていく必要があるのですが、それでも少しでも審査を通りやすくするために出来ることが何なのか、いくつか上げておくので参考までにみて頂ければと思います。

自己資金を準備する

10万円とゆうちょ銀行の口座通帳

少しでも貯金があった方が貸す側としても借りる側としても安心です。具体的にいくらあればいいというのもないのですが、購入する物件価格の10%~30%くらいは最低でもあった方が良いでしょう。

最近ではオーバーローンといって諸費用等もローンに組み込んでしまい頭金無しでスタートできるという話もありますが、それなりに審査は厳しくなります。

やはりある程度の余裕をもって取り組むことが大事であるといえるでしょう。

銀行を不動産会社に紹介してもらう

営業マン

不動産会社は、個人と違い銀行とたくさんの取引をしています。そのぶん銀行からの信用が個人と比べて大きいので、審査にも影響が出てくるでしょう。

ただし、どの不動産会社でもいい訳ではありません。不動産会社も社会的信用や実績の多い会社の方が優遇されるのはもちろんなので、しっかり調べて信頼の出来る不動産会社に依頼するのが良いでしょう。

銀行が忙しくない時期を狙う

休憩する会社員

3月末や9月末は物件が竣工する事が多いため、審査が混み合います。

銀行員が忙しくない時期を狙った方が審査は有利という説もあるので、1~3月・7~9月頃を狙った方が少しは可能性が上がるかもしれません。

低金利の時期を狙う

110円

金利が下がると銀行の融資への姿勢が積極的になります。したがって、超低金利と言われている『今』は、比較的審査が通りやすい時期と言えます。

審査を通りやすくするために必要なポイントまとめ

  • 自己資金を準備する
  • 銀行を不動産会社に紹介してもらう
  • 銀行が忙しくない時期を狙う
  • 低金利の時期を狙う

結果的に、ローンを組んでマンション経営を行うためには、前もって計画をたて準備をしておくことが大切ということになります。もちろんスタートしてからが本番ということもありますが、そもそも事前準備ができていないとスタートすることすら出来なくなってしまいます。

あまりにも年収が低い人等は、転職まで考えなければならないと思いますが、将来的な部分にまで大きく響いてくるので、この機会にしっかり考えてみるといいと思います。

最後に、審査に通るということは非常に大切な部分ではありますが、そもそも何のためにやるのか? 将来性や本来の目的を成し遂げられるよう、しっかりとした計画をたててやっていきましょう。

コメントを残す

プライバシーマーク

株式会社ネクストインテリジェンスは2020年6月30日に、個人情報の取扱いを適切に行っている企業として、日本情報処理開発協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」を取得しています。