【サラリーマン必見】都内で不動産投資をするなら、中古ワンルームマンションがおすすめな理由

年金対策や第2の収入として、不動産投資を始めるサラリーマンが増えています。投資する不動産には様々な種類がありますが、中でもサラリーマンにおすすめなのが都内の中古ワンルームマンションです。その理由はいったい何なのでしょうか。

ワンルームマンション投資が人気な理由

少ない資金で始められる

20代、30代のサラリーマンにとって、不動産投資を始めたくても資金がないと考える人が多くいます。しかし、サラリーマンが不動産投資をする場合、銀行とローンを組むことがほとんどで、ワンルームマンションはローン審査が通りやすいという特徴があります。通常、ワンルームマンション投資を始める際には、税金や保険などに関連する初期費用もかかってきますが、これらも考慮したローンプランを組むことで、数十万円で投資を始めることもできます。

loan

管理の手間が少ない

ワンルームマンション投資はとにかく管理の手間がかかりません。不動産オーナーの業務としては、物件管理や修繕、家賃回収、またクレーム対応といったものがあります。ワンルームマンションの場合、パートナーとして選んだ不動産会社にこれらの業務を一任することができます。そのため、忙しいサラリーマンでも労力や時間を費やすことはありません。

key

【地方 vs 都内】ワンルームマンション投資には都内がおすすめ

低資金で始めることができ、管理の手間がかからない。そんなワンルームマンション投資を行う場合、地方よりも都内の物件が人気です。利回りの観点で見ると、地方の方が都内よりも高い傾向にあります。しかし、ワンルームマンションへの需要が地方と都内では大きく違います。人口減少が進む地方に比べ、都内の人口は増えています。これは、地方では空室リスクが大きく、都内ではそのリスクが小さいことを意味します。入居者がいなければ、家賃収入を手に入れるとは難しく、特に不動産投資初心者の方には、都内でのワンルームマンション投資がおすすめです。

Tokyo

【新築 vs 中古】都内では中古ワンルームマンションがおすすめな理由

ワンルームマンション投資を都内で行う場合、中古ワンルームマンションがおすすめな理由があります。

低価格

何と言っても、中古物件は新築と比べて低い価格で物件を購入することができます。区内の新築ワンルームマンション価格は、平均で3000万円程度にもなり、区によっては平均価格が一軒家を購入できる額にもなります。一方、中古ワンルームマンションは、築年数が10年未満の場合、新築よりも3割程度安く購入することができます。

収益性が高い

都内の中古ワンルームマンションは築年数が10年、20年となっても、新築と比べて利回りはほとんど変化しません。これは、利便性の高い駅に近い物件や発展性の高い地域の物件であればなおさらです。

コメントを残す