マンションオーナーになるために必要な条件とは?給与や職業によって優遇はあるのか?

マンションオーナーになるために必要な条件とは?給与や職業によって優遇はあるのか?

知識がなくても楽して稼げる夢のような資産運用といえば…

そうマンション経営です。

しかし、マンション経営は全員ができるわけではありません。

そこで今回は、マンションオーナーになるために必要な条件をご紹介したいと思います。

どんな人がマンションオーナーになれるのか?

「マンションオーナーになるためには年収を多く貰っていないとなれないんじゃないか?」「年収を多くもらってないとできないのか?」

などのように思われている方は多いと思います。

確かに昔は高金利時代だったので、その分お金がかかり融資を受けづらかったです。

しかし、低金利時代になってきている今は、お金が借りやすくなっているため普通に働いていても、銀行の融資を受けられる人ならば誰でも始められます。

そのため、今まで富裕層な人にしかできなかった事が、一般的なサラリーマンにも出来るようになりました

誰が融資を受けられる?

  • 会社員や公務員などの安定した職業
  • 総支給年収400〜500万円以上

上記の年収はマンションオーナーになるための1つの目安になってきます。

マンションオーナーになるための第一歩である『融資を受けられるかどうか』の基準で一番重要なのが

『融資を受ける際に、審査に通る年収であるかないか』です。

ただし、年収は大事なところではありますが、そこだけで判断しているわけではありません。

会社の規模や安定性、今後の伸び代、勤続年数によって融資を与えるかも判断材料としています

金融機関はその情報を基に金利を多少下げて貰えたりの優遇はありますが、金融機関から金利を下げる訳ではないので、自ら金融機関に交渉する必要があります。

年収が低いとマンションオーナーにはなれないのか?

金融機関により融資条件は異なるため、実際に年収が400〜500万以下の人でも、10億円以上の不動産を購入できている人はいます

しかし、その条件でローンが通る金融機関は非常に少ないため、融資をしてくれる金融機関を探すのは非常に難しいです。

そこで年収が高くない方でも融資を受けやすい金融機関をご紹介いたします。

年収500万以下の方でも融資を受けやすい金融機関

下記4つの金融機関であれば、年収500万以下の方でも不動産投資ローンを受けやすいと言われているので、参考にして頂ければと思います。

  • 日本政策金融公庫
  • 商工中金
  • セゾンファンデックス
  • 三井住友トラストL&F

マンションオーナーを始めやすい職業とは?

マンションオーナーになるにあたって優遇される職業、すなわち始めやすい職業があります。

まず、最も始めやすい職業は役所の職員、警察官、学校の教員などの公務員です。

なぜなら公務員とは収入が非常に安定している職業のため、ローンを組む際に審査に通りやすい職業となっているからです。

また、自己資金も抑える事が出来るというメリットもあります。

【職業別】融資の受けやすさランキング

  1. 公務員
  2. 弁護士
  3. 士業
  4. 上場企業
  5. 中小企業
  6. 経営者
  7. フリーランス

上記の順で融資を受けやすいです。

そのため、仮に年収が高かったとしても、フリーランスの方などはなかなか融資が通りにくいです。

その他の評価基準について

金融機関は勤続年数長く収入が安定している人ほどが審査が通りやすくなります。

評価される基準としては、3年以上勤続していると評価されやすいです。

ただし、仮に転職していて勤続年数が短くても、転職先が同業種、同業界の場合キャリアアップとしての目的の方も多いため、まとめて勤続年数を加算される事があります。

その他、融資を通りやすくするためのポイントについては下記をご覧ください。

マンションオーナーになる目的とは

マンションオーナーになるにあたっての目的は大きく分けて3つあります。

  • 稼ぐ目的(資産運用目的)
  • 老後対策目的(リスクヘッジ目的)
  • 節税対策目的

稼ぐ目的(資産運用目的)

3つの中で特に重要な目的である「資産運用」

他の2つが目的の方でもこの目的は少なからず持っているでしょう。

そこでまず最初によく理解しておいてほしいことがあります。

それは、マンション経営は長期的には稼ぎやすいですが、短期ではあまり稼げないということです。

そのため目先のお金を増やしたいという方にはあまり向かない資産運用です。

しかし、収益を安定して得られるので、長期的にみると大きな資産形成ができる安全な資産運用でしょう。

具体的にいくら稼げるのか気になる方は下記の記事をご覧ください。

老後対策目的

最近は年金問題や長寿化問題などといったさまざまな老後の不安があります。

そのため、安定した収益を得られる不動産投資を老後の生活を豊かにするための年金対策として購入される方も多いです。

マンション経営がなぜ年金対策になるのかは下記の記事をご覧ください。

節税対策目的

マンション経営を行うと所得税などを節税することができます

ただし、節税効果が高いのは最初だけで、長期的には薄れていってしまいます。

マンション経営による節税効果については下記をご覧ください。

マンションオーナーになるために必要な条件まとめ

融資を受けやすい条件

  • 会社員や公務員などの安定した職業
  • 総支給年収400〜500万円以上

年収500万以下でも融資を受けやすい金融機関

  • 日本政策金融公庫
  • 商工中金
  • セゾンファンデックス
  • 三井住友トラストL&F

今までは、目先の収益を求めたやり方が主流ではありましたが、

老後2000万不足問題、人生100年時代と老後社会問題が浮上している中、老後に向け、私的年金代わりの資産運用として取り入れているやり方が主流になってきています。

超低金利時代と言われている今だから始めやすく、非常に堅い資産運用ですので老後に向けてマンションオーナーになる事を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

プライバシーマーク

株式会社ネクストインテリジェンスは2020年6月30日に、個人情報の取扱いを適切に行っている企業として、日本情報処理開発協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」を取得しています。