【年金対策・低金利・資産防衛】不動産投資を始めるには今がおすすめな理由

収入を“使う”よりも“貯める”。そんな考え方が主流の日本で、なぜ今不動産投資をする人が増えているのでしょうか。年金対策、低金利、資産防衛、この3つをキーワードに見ていきます。

老後生活のための年金対策

様々な世論調査で、約7~8割の人々が自分の将来に不安を抱いていると報告されており、年金だけでは生活できないといった経済的不安を感じている人が多いことがわかっています。事実、ゆとりある老後生活を送るには、361,000円もの資金が必要になるとされています。(引用: 生命保険文化センター令和元年生活保障に関する調査)長生きを単純に喜んでいた昔とは異なり、ゆとりある老後生活を自分で確保しなければいけな時代になっています。

年金受給額と老後生活資金

不動産投資は家賃収入によってゆとりある生活を送るのに不足する資金を補充する手段となります。個人年金保険と比べても大きなメリットがあります。

不動産投資と個人年金保険の比較

例えば、積立金を同じとして、家賃収入9万円/月の物件への投資と年金受取額が2万円/月の個人年金保険を比べてみます。個人年金を受け取れる期間が10年間であった場合、その期間に不動産投資は個人年金保険よりも840万円多い家賃収入を得ることができます。また、個人年金の給付が終わった後も、不動産投資をした場合は、継続して家賃収入を得ることができます。

超低金利時代

若い社会人でも不動産投資をはじめられる要因として、不動産自体や投資により見込まれる収益を担保に、ローンを組むことができるということがあります。このローンは変動金利型で、現在、金利は低い値で推移しています。そのため、このタイミングでローンを組むことで、資産形成を有利に進めていけることが期待できます。

金利推移

不安定な日本経済から資産を守る

日本では、リーマンショック以降、日銀によって国債を買って通貨供給量を増やす施策が取られてきました。今後、ひとたびインフレが始まれば国債を回収する必要があります。しかし、大量の国債が売りに出されることで、インフレがさらに進みハイパーインフレが起こる可能性があります。日本では、収入を現金で持っていた方が安心という考えを持つ方が多くいます。しかし、インフレが起これば現金の価値は下がります。

インフレグラフ
インフレによる物価上昇とそれに伴う不動産価値や家賃、現金価値の変化

一方で、物価上昇とともに、不動産価値や家賃は上昇します。そのため、不動産投資はインフレ対策としての役割を果たします。しかし、いざインフレ対策で不動産に投資しようとしても、インフレが始まってからでは銀行でローンを組むことは難しくなるでしょう。そんな先の読めない時代だからこそ、自分の資産を今から守って行く必要があります。

コメントを残す